英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

【例文有り】接続詞「once」はたったの2種類だけ!使い方を解説

更新日:

-英単語, 覚え方

ノックです。

once」という単語に苦手意識のある英語学習者は多いと思います。

何故かって?使い方が複雑で、文中のいろんなところに出てくるから!ですよね。

用法も、文節をまとめる接続詞として使われていたと思ったら、今度は単体で出てくるし、省略される場合もあれば、「once」の入った熟語も多い!

そんな「once」がなぜ混乱しやすいのか、どのように分けて考えれば分かりやすいのか、例文を多く交えて徹底的に解説していきます!

「once」は2種類

「once」が混乱しやすいのは、色んな用法があるから。

とはいうものの、一般的なテストに出てくる「once」は実はたったの2種類しかないんです。

それは、

  • 接続詞
  • 副詞

この2つ。

こうして2つに分けて考えると、それぞれの用法にある程度まとまったルールを見出すことができるので、覚えるのも楽になります。

では、この二つの種類を順番に見ていきましょう。

接続詞としての「once」

接続詞と聞いた瞬間から鳥肌が立つ方がいると思うので、いったん接続詞とは何かというのを復習していきましょう。

接続詞は、

  • After
  • Because
  • When
  • But
  • Until

などのものに代表されるように、接続詞の後ろにS+Vが付き、2つ以上の文をくっつけるのに大きな役割を果たすもの。

例えば、「料理を作る前に手を洗わないとね。」「僕が返ってきた時、ふたりとも倒れていたんだ!」のように、文の中で接着剤のような役割をするものです。

それで、「once」はこの接続詞の仲間に入るというわけですね。

接続詞の「once」ですが、「いったん~すれば、」「ひとたび~すれば、」「~する時はいつも」「~するやいなや」という意味を持ちます。

これは「appleはリンゴである」というように、日本語でサラッとイメージが付くようなものではないので、単語帳で意味を覚えたからといって使いこなせるようにはなりません。

ひとくちに「いったん~すれば、」といっても、この接続詞がどのようなタイミングで使われるのか、接続詞でまとまった文節はどのようなものか、

接続詞が使われた後の文章にはどのような関係性をもつ文章が来るのか、

 

など沢山の例文に当たって色々とみていかなければなりません。

ということで、まずは例文から取り組み、その上で意味を確認していきましょう。

くりかえしますが、「once」が持つ意味は、

  • 「いったん~すれば、」
  • 「ひとたび~すれば、」
  • 「~する時はいつも」
  • 「~するやいなや」

というものがあります。

まずはこちらから。

*こちらの例文は「~する時はいつも」に当てはまるものですね。

*「いったん~すれば、」「ひとたび~すれば、」の訳を当てはめればうまく訳せる例文ですが、ここでは「~次第」と訳されています。

このように、大まかにいうと文頭につく場合が多いですね。「(ひとたび/いったん)~たら、~である」という話の流れから、文頭につくのが妥当だといえるでしょう。

ここで気づくのは、「once」は時を表す「when」と似ているということです。「when」は~時、「once」は「~するやいなや」と、意味こそ違うものの、使われるタイミングだとか、文章の中で置かれる場所は一緒です。

ですので、以下のような書き換えが可能ですね。

こちらの訳は「私が図書館についた時、入口から出てきたおばあさんとたまたまぶつかってしまった。」です。

↓↓↓↓↓↓↓

「once」に書き換えると訳は「私が図書館につくやいなや、入口から出てきたおばあさんとたまたまぶつかってしまった。」となります。

言いたいことは同じでも、ニュアンスに少し違いが出ますね。「once」のほうが、時を狭く指定しています。

接続詞の「once」は省略される

接続詞の「once」は省略されることがあります。はっきりいって、これが厄介なところなのです!

省略される場合はどのような場合であるか?をいかに説明していきますね。

主語と述語が分かり切っている時

これは英語で有名なことわざなのですが、「一度泥棒をすればやめられぬ」という意味です。

一回悪事に手を出してしまったら、もうその世界から抜け出すことは不可能だということですね。

こちらは、世の常をうたっていることわざとしてのフレーズなので、もう誰がthiefをやるとか言わなくても分かり切っています

特定の誰というわけでもなく、誰でもそうなる、つまり省略されているものはyou becomeだとかyou areであるといえますね。

これが省略されて上記のような形になったということです。

ことわざ関連の記事もあります↓↓↓

主語と述語がのちに続く文章に明記されている時

例えば、日本語だったら、

  • 私がジュースをこぼすやいなや、私のお母さんはふきんを取りにキッチンに走って行った。

という文章は自然なのに対し、

  • 私のお母さんはジュースをこぼすやいなや、私のお母さんはふきんを取りにキッチンに走って行った。

だと、主語が被ってクドくなりますね。

これを省略すると、

  • 私のお母さんはジュースをこぼすやいなや、ふきんを取りにキッチンに走って行った。

という風にすれば、自然に自分で皿を割って、自分で片づけている姿が想像できます。

このような文法は、日本語よりも主語や述語が繰り返し述べられる英語にも実はあって、once以下に続く文章の主語と述語は時々省略されるんです。

(省略の前の形:Once the children get in bed, the children usually stay there.)

「children」という単語は特に長いので、2回続くとクドくなりますよね。省略したくなる気持ちが分かってきます。

(省略の前の形:Once I get there,I'll be the boss.)

このように、もう最初っからonce以下に続くSVに関して予想がついてくる場合、省略できるんです。

副詞としての「once」

さて副詞としての「once」には2種類の意味があります。

一回、いちど

once [期間]で「~に一回」という形になります。

あるいは、以下のように「ひとたび~したら」という形で使われることもあります。

昔~したことがある

昔~した」という意味の「once」は、大体の場合文章の末尾に入れます。

あるいは、主語と動詞の間に入れることもできます。

これらは、元の意味から派生した訳なので、「いちど」という認識で片づけて大丈夫な場合が多いです。

例えば、「私は昔大企業に勤めたことがある」というのを「私はいちど大企業に勤めたことがある」という風にしても意味は通じますよね?

ですので、色々な意味があって覚えにくければ、「once」と来たら基本的に「いちど」という訳になると思っておき、必要に応じて適切な訳に変えればOKです。

「once」の入った重要熟語

「once」が入っている重要熟語を例文とともに紹介していきます。

色々ありますが、テストや会話に頻出のフレーズのみまとめましたので、見逃さないようにしておきましょう!

  • once more もう一回
  • once upon a time 昔むかし
  • once or twice 一度や二度

否定文↓↓↓

  • once again もう一度
  • at once いっせいに
  • once in a while 時折

まとめ

いかがでしたか?

簡単に「once」といっても、奥が深いですね。

でも、こうして2種類に分け、文章の中の役割を大まかに振り分けてそれぞれ理解することで、前よりはよく分かったのではないでしょうか?

いっていませんでしたが、実はここで紹介したもの以外にも、発展編として名詞や形容詞の用法もある「once」…ですので、英語の勉強はやってもやっても終わりが見えないというのはこういうことです。

しかし、テストなどで問われるのは大体の場合上で書いたものがほとんどですので、ここまで習ったら「once」に関しては中レベル以上の理解ができたと胸を張って言えるでしょう。

では、引き続き英語の勉強頑張っていきましょう。

参考になった 1 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.