英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

「Dear・to・from」を使ってカンペキ!英語の手紙の書き方

更新日:

-ライティング, 文法

toとfromの覚え方

こんにちは、ノックです。

英語で手紙やメールを書くとき、よく混乱するのが「dear・to・from」です。

特に、冒頭文には「Dear」が使われる時もあれば、「To」が使われる時もあります。

また、末尾には「From」が使われる時もあれば、使われない時もある?

簡単なようで混乱しやすいこの3つ。

そこで、今日はこの3つをどのタイミングでどのように使えばいいのか確認していきましょう。

英語の手紙の構成を確認しよう

出典)ニューヨークの田舎より

こちらはニューヨークから送られてきた手紙の一面です。

一番初めの冒頭に、「Dear」が使われているのが分かりますか?

また最後には、Yukiという名前とともに「From」が使われています。

はたまたこちらは、冒頭が「Dear」でなく「To」になっていますね。

文末には送り主の名前が書いてあっても「From」が使われていません。

どのような決まりでこうなっているのでしょうか?

日本語で「拝啓○○様」と書くように、英語でもおおまかな構文が決まっています

冒頭文、そして末尾につける文章はどのような構成になるのか、状況ごとに「dear・to・from」のどれを使えばいいのか説明していきましょう。

冒頭文「To」または「Dear」

手紙の冒頭文に入れるのは、Dear」、そして「To」どちらも使えます

ただし、シチュエーションによって使い分ける必要があります。

上の図に書いたのが「To」のイメージなのですが、「To」はただ単に「誰々に宛てて書いた手紙だよ」というのを示す語になります。

また、その語自体は極めてフォーマルで、感情的なものは一切抜いたところが「Dear」とは違う点です。

例えば、フォーマルな文面を書いてメールを送る時は大体「To whom it may concern,(関係者様へ)」という形で書きます。

対して「Dear」は、「親愛なる」という意味が込められていて、相手への愛情義理などを表現する言葉です。

フォーマルな場面でもこのような感情を少しでも盛り込みたいときは「Dear」を使います。

家族友人に宛てて描くプライベートな内容の手紙はこの「Dear」を使って冒頭を飾ります。

Fromの簡単な覚え方

Fromは「起点から始まる」イメージですので、「○○より」といった形で送り主を書き表す時に使われます。

ただし、このFromは書かないときも多々あります。

Fromを書くと、何となくクドくなってしまうというイメージがあります。

また、「To」を使ったフォーマルな文章では、「From」を使わずに締めを

ただ「Thank you」で終わらせる時もあれば、「Kind regards,」としたり、「Your sincerely,」や「Best regards,」としたりして相手への敬意を表現する風潮があります。

ということで、「From」必ずしも使わなければいけないというものではないことを頭に入れておきましょう。

まとめ

以上のように、「dear・to・from」それぞれには、明確な違いと意味があることが分かりました。

その時々で状況にあった使い方をするためには、それぞれのニュアンスともとの意味などをしっかり把握しておく必要があります。

ぜひ、この記事がこれからの英語学習生活に役立てばいいなと思います。

今日もご清聴ありがとうございました!

 

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.