英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

【メリット最強】ツイッターを使って英語を勉強するもっとも具体的な方法

投稿日:

-勉強法, 取り組み方

どうもノックです。

最近はツイッターで英語を勉強する方がかなり多いみたいです。

そこで今回は、
ツイッターで英語を学習する具体的な方法を紹介します!

ツイッターとは?

ではあまりツイッターを知らない方のために見ていきましょう。

サービス名のツイッター(Twitter)は英語で「さえずり・興奮」「無駄話」、または「なじる人・嘲る人」という意味である。Twitterでの短文投稿を指す「tweet」(ツイート)は「鳥のさえずり」(囀り)を意味する英語であり、日本語では「つぶやき」(呟き)と意訳され、少なくとも同言語話者のユーザーの間では定着している

Wikipediaから引用

ツイッターは自分が思ったことを呟くツールです。

基本的に自分のつぶやきは全世界に公開され不特定多数の人が見ることができます。全世界の人がツイートすることで情報交換のツールとして成り立っているわけですね。

ツイッターで英語を勉強することのメリット

インプットとアウトプットが同時に学べる

ツイッターは、

  • 「呟きをする」= アウトプット
  • 「呟きを読む」= インプット

といった風に、効率的に英語を学習することができるツールです。

例えば、

とツイートしたら、

これを誰かが読んで、

と返してきました。

この時点で英語を使って会話のキャッチボールが成立しているんです。

上の例文は簡単なものですが、慣れてきたら少し難しい表現を使ってツイートしてみるというのも全然アリです。

「お腹すいた」というツイート一つとっても、反応の仕方は人それぞれです。「飯食ってこいよ。」とか「かわいそう〜。」など色んな反応があるのが楽しいですね。

こういった様々な英語表現を覚えることが出来るのもツイッターの英語学習の強みです。

まったくお金がかからない

ツイッターは完全無料です。まったくお金をかけずに英語学習が可能です。

英会話教室に通ったり、教材を買ったりすることなくタダで英語学習が出来てしまうんです。

どんな場所でも英語の勉強ができる

ツイッターはスマホ一つあればいつでもどこでも英語学習ができます。

わざわざ英会話教室や英会話カフェに足を運ぶ必要はありません。

通勤や通学の電車の中でも場所にとらわれずに英語でツイートしたり、タイムラインを見ることでグングン英語表現を覚えることができます。

英語アレルギーから脱却することができる

英語が苦手な方って英語の長文アレルギーの方がとても多いんです。

特に日本人は無意識に長い英文を避けてしまう傾向にありますね。

そんな英語アレルギーの方でも続けられる勉強がツイッターなんです。

ツイートできる文字数は最高で140字までと決まっており、長文を読むときのようなストレスを感じることがありません。

「英語が特にストレスなく読める」という感覚を養うためにもツイッターは強力なツールといえるでしょう。

ツイッターで英語を勉強することのデメリット

緊張感が足りない

ツイッターは「今、気になったことを呟く」というコンセプトのツールです。

これはすなわち、ストレス(緊張感)がないということでもあります。

緊張感というのは脳に負荷をかける行為であり、緊張したという記憶は強く残ります。

しかし、ツイッターでの呟きは何の気なしにツイートするため、文章もダラダラとしたものになりがちです。支離滅裂な文章というのは自分でも理解がしにくいため英語の上達の弊害になることもあります。

間違いを訂正してくれる人がいない

もし、外国人に向けて文法を間違ってツイートしたとしても、誰も訂正してはくれないでしょう。

なぜなら、
その外国人はあなたの先生ではないからです。

「ここが間違っているよ〜」なんて優しく教えてくれる人はなかなかいません。結局のところ、無視されるか罵倒されるかの2択で終わることが多いです。

ツイッターを使って英語を勉強する具体的な方法

自分の興味がある分野のツイッターアカウントをフォローする

よく、英語学習のアカウントをフォローしましょう。と書いているサイトがありますが私は正直おすすめしません。

なぜかというと、生の英語の表現が学べないからです。

日本人向けに作られたわかりやすい英語表現ばかり聞いていても英語のレベルは上達していきません。

それよりも、自分が興味がある分野のツイートを継続して読んでいく方が何倍も楽しいし新たな発見も出てきます。

興味があるツイッターアカウントの探し方

例えば、あなたが野球選手のイチローが好きだとしましょう。

検索ボックスに「baseball ichiro」と検索して下さい。

このように英語のツイートがいっぱい出てくるので自分に合いそうなアカウントをフォローしましょう。

タイムラインを読む

フォローしたアカウントのツイートがズラーっとタイムラインに表示されます。

これを順番に読んでいって下さい。色んな気づきがあるほずです。

「こんな文法表現があるんだ!」

「この単語ってどんな意味なんだろう?」

など、色んな発見や疑問点が出てきます。それをさらに掘り下げるべくGoogle検索して理解を深めていきます。

気になったツイートに返信する

タイムラインを眺めていると、次第に自分が理解できて返信できそうなツイートが見つかります。

ここが、自分から返信のツイートをする段階です。

ちなみに相手に対して返信ツイートをすることをリプライといいますので覚えておきましょう。

自分からもツイートする

また、自分でも積極的にツイートしてみましょう。

このツイートに対して何かしら反応があるかるかもしれませんし、まったくないかもしれません。

ただ、あくまで目的はインプットをすることです。

最初は周りの反応を気にせず、どんどんツイートしていきましょう。

まとめ

いかがでしたか?

今回はツイッターで英語を勉強する方法についてお伝えしました。

ツイートする時に意識してほしいのは、
失敗を恐れないということです。

人間誰しも失敗します。

むしろ、その失敗があるからこそ自分の英語力が上がるのです。

なのでどんどん失敗しましょう!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.