英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

5W1Hは難しくない!疑問文の作り方を徹底解説

更新日:

-ライティング, 文法

こんにちは。ノックです。

今日のお題は疑問詞の代表、5W1Hです。

今回は疑問詞を使った疑問文の作り方や考え方をまとめていきます。

少し難しく感じるかもしれませんが、心配はありません。

一緒に勉強していきましょう。

「何」を知りたい=what

まずはwhatについてです。

whatは「何」を聞きたいときに使います。

この文をwhatを使った疑問文に直すとしたらどうしますか?

こんな時は落ち着いて、いきなり疑問詞をつけようとは考えずに、yes/noで答えられる疑問文に直します。

これをyes/no疑問文にすると

となりますね。

では、ここからwhatを使った疑問文に直していきます。

「これは何ですか?」と聞かれたとき、答えである「なに」に当たるのは「りんご」です。

そこで、an appleを消して頭にWhatを置くと

となります。あら、できちゃいましたね。

文が長くなっても同じです。

yes/no疑問文へ直して

頭にWhatをつけて、答えに当たる部分を消します。

意外と簡単でしたね!では、次の文をwhatを使った疑問文に直してみましょう。

このような文にはbe動詞がありませんが、慌ててはいけません。

作り方は今までと一緒です。

まずはyes/no疑問文に直します。

be動詞ではない動詞は一般動詞といいます。

一般動詞のyes/no疑問文は「Do you ~?」でしたね。

直してみると、

となります。そして聞きたい部分(ここでは数学)を消して、頭にwhatを置きましょう。

はいできました。簡単でしたよね!

きちんと段階を踏めば恐れることはありません!

whatには直後に言葉を入れて、質問するというパターンもあります。

「何時」ということを聞きたいときは、whatの後ろにtimeを置き、聞きたい行動などについての表現を後に続けます。

他には

What day(何曜日)

What color(何色)

What kind of ○○(何の種類)

という表現もよく見かけますので、覚えておきましょう。

「誰」を知りたい=who

次に、「誰」を尋ねるときのwhoの使い方を見ていきましょう。

例えば、あなたの目の前を有名人が通りました。

有名人らしいのですが、あなたは彼を知りません。

隣の友達に彼が誰かを聞いてみます。こんな時に使うのがwhoです。

では、作り方です。

落ち着いて作りましょう。答えから作り直していきます。

次は疑問文に直します。

答えに当たる「a famous actor」を消して、頭に今度はwhoを置きます。

ほら、できました。

一般動詞を使った文も作ってみましょう。

今回の答えはこちらです。

では、作り変えます。

疑問文に直しましょう。

と直した方、惜しいです!sawはseeの過去形です。

なので、

が正解です。このように、過去形・未来形でも5W1H疑問文は使われます。

時制に気を付けましょうね。

そして、答えになるMaryを消して、Whoを置きます。

またまた完成です。もう楽勝ですね。

では、こちらはどうでしょうか。

be動詞を使う質問で、助動詞が必要になったときは、疑問詞+助動詞+主語+”be”となります。

動詞が原形になることを忘れないでください。

これはwho だけでなく、5W1Hを疑問詞に持つ文、全部に言えるルールです。

wouldを使った例をあげます。

「時間・日にち・曜日」を知りたい=when

続いては、「いつ」を尋ねるwhenの使い方を紹介します。

時、曜日や日付を知りたいときに使われるのがwhenです。こんな感じです。

会話調なので答えが短くなっていますが、堅苦しく書くなら

というところでしょうか。

では、直しましょう。まずは普通の疑問文に直すので、

ですね。

それから、聞きたい部分を消して疑問詞を置くわけですから、

となります。

「いつする予定なの?」とか「いつそれをやったの?」と、相手の行動について「いつ」を尋ねるときには一般動詞を使いましょう。

ここでの一般動詞は「働く」のworkです。

「場所」を知りたい=where

次に場所を尋ねる「どこ」=whereについて見ていきます。

一般動詞を使うと「どこでしたの?」、「どこでするつもりなの?」というような質問になります。

ここで使われているfishは魚という意味ではなく、魚釣りをするという意味の一般動詞です。

「理由」を知りたい=why

「なぜ」を尋ねるwhyの使い方を見ていきましょう。

理由や原因を知りたいときに使われますね。

助動詞と共に使うときは、疑問詞+助動詞+主語+”be”の形になることを忘れてはいけません。

助動詞のwillを使った例文です。

一般動詞で質問をすると、「どうしてそれやったの?」、「なんでそんなことするの?」というような意味になります。

「手段・様子」を知りたい=how

最後は「どんな」や「どのように」という意味のhowについて見ていきます。

もう少しですから頑張りましょう!

人や物事の様子やあることの手段を質問するときなどに使われますね。

他の疑問詞と比べて、ニュアンスが幅広いのが特徴です。

be動詞を使って質問する場合は「○○はどう?」とか「○○はどんな感じだった?」というニュアンスです。

新しい上司の全体的な雰囲気や性格などを知りたいときには、このような使い方になります。

助動詞のcanを使った例文もあげますね。

助動詞、主語、動詞の原形という順番に注意です。

一般動詞と共に表現することができるのは「どうやってそれをやるの?」、「どうやってしたの?」などの質問です。例えば

相手に目的地までの手段を尋ねたいので、どうやってという意味のhowを使います。

howの直後にある言葉を入れて質問するというパターンもあるので、そちらも紹介します。

How muchはよく聞くメジャーな表現ですね。

他には

How tall(どのくらいの高さ)

How long(どのくらいの長さ)

How often(どのくらいの頻度)

How many(どのくらいの数)

How far(どのくらいの遠さ)

などがあります。

年齢を聞く時や建物の建築年数などを聞くときにも使う

How old(どのくらいの年月が経ってる)

もおなじみの表現ですね。

まとめ

いかがでしたか? 5W1Hについて見てきました。

それぞれの持つ言葉の意味が違うだけで、実は質問文の構成自体は一緒なんです。

それに気が付けば5W1Hだって怖くありません。

では、また次回お会いしましょう!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.