英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

英語の冠詞であるaとanとtheはなんで付けるのか解説

更新日:

-文法, 違い・使い分け

a anの冠詞について

ノックです。

今回は、
英語の冠詞「a an the」はなぜ必要なのかについて解説したいと思います!

普段何気なく、This is a pen.と無意識に使っていた方はこの記事が役に立ちます。

a も an もしっかりとした理由があるんですよ!

そもそも冠詞とは?

じゃあ冠詞ってなんなのよ?、

Wiki解説。

冠詞とは、限定詞の一種で、名詞に付いてその定性を表すものである。英語の冠詞には、定冠詞「the」と不定冠詞「a」「an」があり、場合によっては「some」も不定冠詞として使用されることがある

定冠詞不定冠詞というのがあるんですね。

  • 英語の冠詞は、
    the
  • a
  • an

の3種類あります。たまにsomeが入ります。

日本語には冠詞という概念ってないんですよね。

これがまた英語をわかりにくくさせるんです。

なのでニュアンスで判断していくしかないわけだ。

例えばa。
これは、一つのと日本語ではよく言い表されます。

しかし、
「私は一つのペンを持っています。」
「さらに、私は一つのリンゴも持っています」

とは言わないです。

だって回りくどいですよね。

なので日本語にはない概念=ニュアンス(感覚)として冠詞に慣れていくしかないのです。

不定冠詞「a」の意味

冠詞aはさっき、不定冠詞と言いましたよね?

ってことはつまり、
定まっていない事柄を指します。

先ほどの例でいうと、

カッコの「一つ」は省略可能です。
一般的にあるようなペンを一つ持っているということです。つまり定まっていないから不定冠詞。

不定冠詞「an」の意味

私はこれまでanというのは、ニュアンスとしてもまったくの疑問でした。

anは母音の単語の前につけます。
「a i u e o」

のような単語の他に、

だったりね。

見てわかる通り、
母音とはあくまで発音で判断するものです。

anを入れる理由

問題はここなんですよ。

なぜanと付けるのか?aじゃダメなのか?
なんですが、答えは簡単。

発音しやすいから

逆にいうと、
母音が続くと発音しづらい

んです。
ネイティブってほんと楽したがりますよね(笑)

まあ確かに、

ってちょっと言いにくいですよね。

日本語にはない響きなので逆に新鮮ですが(笑)

定冠詞「the」の意味

冠詞theは、
定冠詞といいます。

巷ではよく「その」と訳されますよね。

例でいうと、

会話の中で上記のカッコ内は確実に必要ですよね?

はい。
そうなんです。

冠詞theはしっかりとその物について指定してきています。ここでは日本中にあるなかからこの一つだけのペンの使い方が知りたいのです。つまりこれは、「定まっている」ので定冠詞と呼ぶんです。

ただ例外もあります。

the worldや the earthなどは世界に一つだけなのでtheを使います。

一つだけだから唯一無二。

なのでtheを付けます。

まとめ

いかがでしたか?

英語の冠詞である「a an the」の意味が少しわかったのではないでしょうか。

自分的にはanが謎疑問だったので調べる機会になりました^^

これからどんどん冠詞を使っていこうと思います!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.