英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

A.S.A.Pの意味は?読み方と使い方も解説!

投稿日:

-コラム, フレーズ集

こんにちは、ノックです。

今日も一緒に英語を勉強していきましょう。

今日のテーマは「A.S.A.P」です。

この表現、見たことはありますか?

れっきとした英語の表現です。

メールやメモなど、書き言葉独特の表現だと思っている方もいるかもしれませんが、話し言葉としても使われます。

おしゃれな表現なので、ぜひ使ってみてください。

asapの意味

意味は「できるだけ早く」です。

これは「as soon as possible」の略で、各単語の頭文字をとった略語です。

日本語で言うところの「なるはや」にあたります。

「なるはや」は「なるべく早く」の略ですね。

asapの読み方

読み方ですが「エイ・エス・エイ・ピー」と読むのが一般的です。

話し言葉では「アサップ」「エイサップ」と発音します。

話し言葉でも「エイ・エス・エイ・ピー」という人もいますが、「アサップ」の方が早く言えるので、こちらを使う方が多いです。

文字の間の「.(カンマ)」はあってもなくてもどっちでもいいです。

書くときは大文字でも小文字でもどっちでもいいのですが、大文字で書いた方が小文字で書くよりも、より急いでいる印象を与えます。

実際に使ってみよう

例文で確認していこう

こんな感じで、語尾に持ってくることが多いです。

このように相手にお願いするときだけではなく、自分が急ぐときにも使います。

使うときの注意点

実は、asapは略語ゆえに使い方を間違えると大変なことになることも……。

注意点をまとめました。

ビジネスでは「上から目線」な表現

asapはビジネスシーンでも使われますが、基本的にはカジュアルな表現です。

ビジネスシーンで使った場合、「とにかく急げ!!」という強烈な命令形になります。

そんな言葉を上司などの目上の人やお客様相手に使うと、激怒されかねません。

as soon as possibleと同じ意味なので、丁寧に使いたいときには略さずに使いましょう。

日本語だって上司相手に「書類のチェック、なるはやでお願いしまーす。」なんて言ったらだめですよね。

また、連発すると意味が弱くなってしまいます。

「あぁ、また言ってるよ。はいはい。(呆)」と言われてしまうので、ここぞ!というときに使いましょう。

本当に急いでいるときには使うべきではない?

急いでほしい時に使う表現ですが、忘れていけないのが「できるだけ」という点です。

asapでお願いしても「忙しかったので、まだです。すみません。(苦笑)」と言われることもあります。

ですが、「できるだけ早く」とお願いした手前、忙しかったと言われると強く出られませんね。

つまり、本当に急いでいるなら「今日中に」「明日の12時までに」という風に具体的な期限を設けるべき表現です。

命令形で、上司に使うと失礼になってしまう表現なのに、早さに関してはあいまいな表現だということです。

まとめ

今日のテーマは「A.S.A.P」でした。

いかがでしたか?

  1. カジュアルな表現だが、ビジネスシーンでも使える
  2. 上司やお客様相手に使ってはいけない
  3. ビジネスシーンで使うと強烈な命令形になる
  4. 「できるだけ早く」なので、本当に急いでいるときは締め切りを具体的に指示する

以上がポイントです。

この点に気を付ければ、とても使いやすい表現です。

ぜひ、メールなどで使ってみてくださいね。

では、また次回、お会いしましょう。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.