英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

betweenとamongの違いとは?使い分けにはもう迷わない!

更新日:

-英単語, 違い・使い分け

ノックです。

ほとんどの人がbetweenは「2つのものや人の間」で、3つ以上の場合はamongを使う、と思っているのではでしょうか?

あながち間違いでもないのですが実はそれほどシンプルではないんです。

今日はこのbetweenとamongの使い分けを改めて整理してみましょう。

betweenとamongの使い方

まずはbetweenとamongそれぞれの使い方を確認してみましょう。

betweenは「はっきりとした個体(個人)の間」を表す

betweenは、「2つのものの間」というイメージが強いと思います。

例えば次のような場合です。

上記の捉え方でも間違いではないのですが、実は必ずしも2つでなければいけないわけではありません。

1番のポイントは、「はっきりとした個体(個人)」の間であるという条件に当てはまるかどうかです。

1つ1つがはっきりと区別できるものであれば、それが2つ以上の場合でもbetweenを用いることができます。

例えばこのような場合です。

そして、「〜の間」の「〜」にあたる物(人)を述べるときは、「or」ではなく「and」で文章を結ぶのが適切です。

You can choose between chicken and beef. 
× You can choose between chicken or beef.

amongは「3つ以上のもの(人)の集合体に囲まれた状態」を表す

amongは、3つ以上のもの(人)の集合体に囲まれた状態を表します。

このとき、1つ1つのものや人には注目せずそれらを集合体として捉えた場合に用いられます。

例えば、次のような場合です。

3つ以上であれば必ずamongを使うという訳ではなく、個々の違いがはっきりとしている場合にはbetweenが使われるので注意しましょう。

例えば次のような場合です。

具体的な国名に言及しているので、betweenを使います。

betweenとamongの違い

中には、betweenとamong両方とも使うことができる場合もありますが、文章のニュアンスは少し違ってきます。

同じ文章でbetweenとamongを言い換えたときの例を見てみましょう。

He walked between the trees.(彼は木々の間を歩きました。)
→両側に木が生えていている道を歩くイメージ

He walked among the trees.(彼は木々の中を歩きました。)
→決まった道をある地点からある地点へ歩くというよりは、公園や森の中をさまようイメージ。

このように、同じ文章でも言い換えを工夫すれば相手に伝わるニュアンスが変わります。

まとめ

いかがでしたか?

今日は間違えやすいbetweenとamongの違いを学んできました。

では最後にもう一度まとめます。

  • betweenは、「はっきりとした個体(個人)の間」を表す
  • amongは、「3つ以上のもの(人)の集合体に囲まれた状態」を表す

ガンガン使っていきましょうね!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.