英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

どちらも「人」?peopleとpersonの違いを理解しよう

投稿日:

-イメージ・考え方, 違い・使い分け

今回はPeopleと Personの違いについてみていきたいと思います。

えっ、どっちも同じ「人」って意味じゃないの?と思われるかもしれませんが、実はこの二つの単語にはちょっとした違いがあります。ここではその違いについて一緒に見ていきましょう!

peopleの意味

 それではまず初めにpeopleの意味から確認してみましょう。

Peopleの原義は「人々、平民」です。ですので、基本的に二人以上の人のことを説明したいときはpeopleを使って表現するようになります。

また、「人々」ですので、people単体で複数形となります。

Peopleを主語にしたときはbe動詞にisやwasではなくareやwereをおきます。それから、三単現のsを一般動詞につけないなどの注意も必要です。

例文で確認して見ましょう。

 

 

 

 

(これはroomが主語なのでbe動詞はwasになります)

 

 

(一人のお年寄りではなくたくさんの、つまりお年寄りの人全般を指しているためpeopleです)

 

 

 

Peopleはこれ自体で複数扱いになりますので、peoplesと「s」をつける必要はありません

personの意味

さあ今度はpersonの意味について確認してみましょう。「人」とあるように、personの意味は「一人の人」を表したいときに用いられます。

Peopleは複数の「人々」、personは個人の「人」と覚えれば大丈夫です。

あれ?personが「人」を表すならpersonsにすれば複数形になるんじゃないか?

と思われるかもしれません。

確かに単語としては可能なのですが少しだけ意味合いが変わってしまうため、通例personsよりpeopleを用いることが現在は一般的になっています。

ちょっとわかりづらくなってきましたね…。

では理解を固めるため例文で確認してみましょう。

 

 

 

 

1人の人をさして〜好きな人、〜型の人(人間)という言い方もできます。

これは何か好きな人やその人の特徴を表すときに使われます。

となります。

personとpeopleの複数形

先ほどもお話ししたように、実はpersonとpeopleにも複数形は存在します。

しかし、そのときは意味が少しだけ変わりますのでここで確認してみましょう。

こちらは少し発展した内容なので頭の片隅に置いておく程度で大丈夫です。

  • peoples:国民、民族
  • the people:(一地方の)住民、庶民、一般民衆
  • persons:人たち(法律用語や個別に一人一人を強調したいときに用います)

Theを入れたり複数形にしたりするとこのように少しばかり意味が狭まりますね。

まずは普通の意味のpersonとpeopleから覚えていきましょう。

「人」を表す他の単語

さて、ここまでpeopleとpersonの意味とその違いについて確認してきましたが、実はその他にも「人」を表す単語があります。

  • human being:人

よくhumanという単語を聞くことがあると思いますが、正式にはhuman beingとなります。

  • human:人

こちらは皆さんもよく聞く単語ですね。この単語もよく使われますが、正式な言葉の「human being」も頭の片隅に入れて起きましょう。

 

  • mankind:人類、人間

この単語には人によっては男性優位的な意味に感じるため、humankindを使う方が一般的です。

 

まとめ

最後に改めてpersonとpeopleの意味について確認してみましょう。

  • Person:人    一人を表すときに使う
  • People:人々  複数の人を表すときに使う

となります。個人か複数かの違いになりますのでとてもわかりやすいですね!

これで違いがわかりましたね^^  ぜひ普段の英会話でも使い分けて話してみましょう。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.