英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

海外で病気になっても困らない!illとsickの違いと使い方

投稿日:

-英単語, 違い・使い分け

ノックです。

海外に行って一番困るのは体調不良に見舞われた時ですよね。ものすごい吐き気に襲われているのにどう伝えればいいかわからない。それほど恐ろしい事態はありませんよね。。。

そんな時に使えるillとsickの使い方について覚えていきましょう。

illとsickの使い方

体調が悪いことを伝える場面で最もよく使われるのがillとsickという単語です。

どちらも「具合が悪い」という意味で用いることができますが、この二つにはちょっとしたニュアンスの違いがあるんです。

sick:比較的軽い症状を表す

sickは体調がすぐれない時に使われる単語です。

特にアメリカ英語で好んで用いられます。illと比べると病状が軽く数日ですぐに良くなる症状の場合に用いられます。

また、車酔いや船酔い、食べ過ぎて気持ち悪いといった「吐き気」を伴う症状を表す際にもsickが使われます。

  • carsick:車に酔った
  • seasick:船に酔った

→どちらもgetやfeel、be動詞などを伴い、一つの単語として用いられます。

ill:重い病気を表す

illもsickと同様に体調がすぐれない時に用いられますが、特にillの方がより堅い印象を与えます。

イギリス英語ではillが使われる傾向にあります。

アメリカ英語では、治療や入院を必要とする重い症状を表す場合にillが使われます。

illとsickの名詞的な表現

ここまで、病気の症状を表す形容詞illとsickの違いについて見てきましたが他にもまだあります。

sickness:軽い体調不良

sick同様、名詞形のsicknessも症状の軽い体調不良を表します。

風邪や頭痛、吐き気といった日常的に起こる病気の状態にはsicknessを使います。乗り物酔いをmotion sickness、つわりのことをmorning sicknessと言ったりもしますね。

illness:重い病気や精神病を表す

illnessは症状の重い病気を表す際に用いられます。

長期にわたる痛みや疲労、脱力感などの自覚症状を伴い、病院へいくきっかけとなるような状態を指します。また、精神病を表す際にもillnessが用いられます。

disease:専門家が診断する病気

diseaseは、専門家が診断する具体的な病気」を表す単語です。主に感染症によって引き起こされ、人や動物、または植物に影響を与える病気を指します。

 

 

 

 

sickの便利な使い方

口語的な表現のsickは病気以外の場面でも度々登場します。

sick:うんざりさせる

make somebody sick「怒らせる、うんざりさせる」

be sick of something「怒っている、うんざりしている」

「いいね!」のsick(イギリス英語のスラング)

まとめ

いかがでしたか?今日は病気の時に役立つ単語の使い分けについて学んできました。

今回の内容をまとめます。

  • ill:重い病気
  • sick:軽い症状
  • disease:診断された病気

これらの違いを覚えておけば、病気の症状を正確に伝えやすくなりますよ。

ではまた。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.