英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

【音声付き】英語の発音を完全にマスターする方法

更新日:

-発音, 覚え方

ノックです。
みなさんは、英語の勉強をしている皆さんの動機って何でしたか?

僕は、自身の経営するマッサージ店に外国人のお客さんが増えてきたことがきっかけでした。

英語を勉強して、もっといろんな国の人達と会話できたらどんなにいいだろう」と。

喋れるようになって、自分のお店に来てくれる外国人の人と会話できる時間は本当に格別だと思います。

とくにマッサージ中は、施術中、お客さんと会話をする時間が長いので、その思いはなおさら強く感じました。

そんなこんなで、英語の勉強を頑張っているノックですが、みなさんはいかがでしょうか?

さあ、今回は、英語の発音に関してです。

せっかく頑張って覚えた英語も、発音があまりにも悪いと相手に伝わらなければ意味がありませんからね。

ではいってみましょう!

発音を勉強する目的

日本語を話す私たちが、努力をして英語の発音を改善すると、どのようなメリットがあるのでしょうか?

日本語表記で習った英単語を、発音を気にせずに読み流すのでは、何がいけないのでしょうか?

以下を参考にしていきましょう。

発音矯正の一番の目的は英会話のため

例えば英文法や単語を学ぶ目的は、英文読解ができるようにするためであり、英文読解は何のために学ぶかといったらやはり、日本語での資料に限らない情報収集ができるようにするためですね。

つまり、もっと広い視野を手に入れることができますし、より多様な情報を手に入れることができます。

リスニングも同様、音声などから情報収集ができることです。

発音はこのように英語という分野の中で「受け身」での体勢から抜け出して、自分の中にある知識を周囲に伝えることができる、会話を目的としたものです。

すなわち、スムーズに英会話ができるようになるためには、相手がしっかりと一回で理解できるような明確な発音が必要なのです。

モチベーション維持

自身の英語を使って情報伝達をするには「まだ早い」というレベルにいる皆さんも、英語の発音を進んで正すことは日々の勉強の中のモチベーション維持に効果的です。

人は、自分が親しみ慣れたものでない光景、馴染みのないモノを目にすると、ストレスを受ける傾向にあります。

特に英語は、「言語」として勉強するのに、自分の頭の中で曖昧になっている(イメージがつかない)発音をもつアルファベットが並んでいる文章を目にすれば、当然ストレスを受けますね。

一つ一つの単語や文章をより馴染みのあるものにするためにも、自分で読むときも綺麗に分かりやすい発音ができるようになるまで、発音をしっかり勉強することをオススメします。

そうすれば、日々の勉強の圧迫感ストレスが減り、モチベーション維持につながり、自信がつきます。

リスニング能力の向上

自分が発音できるということは、当然他人が同じ音を発音したときも、それを聞き取れる率が上がります

そうすると、リスニングテストなどで高得点を狙うことができます。

英語の発音をマスターしよう!

「間違いやすい発音」だけじゃ不安。

しっかりと基礎から、英語のアルファベットすべての発音を教えて!という人たちのために、

以下にアルファベット全部の発音をまとめちゃいました。

英語の母音をマスター

母音は子音に比べて、特に多くの発音を持っているので注意が必要です。

深くさぐれば探るほど、これらそれぞれの発音の種類は無限にありますが、ここではメジャーなものを取り上げて説明しますね。

a

ɑː 

口を大きく開いて「アー」と発音します。

日本語の「ア」と違い、のどもとから大きく開けてから勢いよく音を発するイメージです。

例)father, pasta

æ

舌を前の方に出して「ア」と「エ」が混ざったような音です。

こちらも、腹から勢いよく声を出します。

例)bat, ran

③ei

「エィ」といった感じの発音です。

比較的簡単ですね。エにイが重なるため、上記2つの音より長い音です。

例)play, day, same

e

①e

「エ」といった感じの勢いの良い発音です。

日本語のエより強く出します。

例)bet, end

iː

 

「イ―」です。

しっかり口を横に引き延ばして発音しましょう。

例)ease, free, see

③eu

日本語の表記で表せないような音ですが、

唇をしっかり前に突き出して発音しましょう。

例)new, flew, grew

i

ɪ

「イ」と短めの発音です。日本語の「イ」に「ェ」の要素が混ざった感じですね。

音は腹から短く強く出しましょう。

例)bit, hit, it

口を大きく開き、「a」の音を出してから、自然に「ɪ」に持ってきます。

こちらも長めの音になります。

例)rise, fight, fine

o

ɑ

「ア」と大きく、お腹の底から音を響かせます。

口を大きく開いて発音することがカギです。

例)hot, how, now

ɔ

「ア」と「オ」が混ざったような音。

上記の「オ」の発音より少し暗い感じで発音。口を縦に大きく開く感じ。

例)long, song

③o

日本語の「オ」を強く、もっとはっきりと言った感じ。

喉もとに空気をためて響かせるように発音。

例)know, grow, boy, soy

④u

喉から大きな空気のかたまりを柔らかく流す感じ。

おなかから空気を作って流します。

例)who, kangaroo

u

ʊ

日本語の「ウ」よりクセが強い感じ。

口をしっかりとすぼめて息を出しましょう。

例)fusion

②yu

アルファベットの「U」の音をそのまま発音したもの。

これも、「U」が頭文字の単語にはよく使われる。

例)unique, universe

ʌ

「ア」だけれども、そこまで大きく誇張しない感じ。

例)cup,up, under

英語の子音をマスターしよう

もちろん単語によって特殊な読み方も出てきたりしますが、以下に紹介するものは最も一般的な子音の発音です。

音声と一緒に練習してみましょう。

b

口先から破裂するような音。

唇の裏に溜めた空気を一瞬でパンと吹き出す感じ。

c

のど元での爆発音。

のどの奥で空気を溜めて、一気に出します。

唇や舌は一切使用しません。

d

舌を上部分にくっつけて、舌を一気に剥がして音を出します。

キレのある爆発音ではないですけれど。

f

これは他の爆発音と違い、いつまでも継続して音を出していられるタイプの音です。

「フー」の「ウー」部分をとった感じ、下唇に前歯をのせ、歯と歯のあいだからいつまでも空気を出している感じです。

g

「c」よりももっと喉の奥から音を出す感じです。

もっと大きな振動を作って音を出します。

h

お腹の底から舌、唇、喉など何の障害も通らずにシンプルに息だけを出す感じです。

勢いよく出せば、「ハッ」という音が出ます。

j

喉の奥部分から舌と上あごはきっちりくっつけます。

そこから、口を突き出して、そのわずかなすきまを通って音を出す感じです。

k

大体「c」と同じ音です。

l

日本人が発音できない音の中で代表的なものの一つですね。

舌を歯の裏にくっつけて、舌を歯から一気に剥がすと同時に音を出します。

m

上下の唇をくっつけて、放すと同時に音を出します。

n

上あごに舌をつけた状態から、腹の奥から「ナッ」と声を出します。

p

唇同士をくっつけて、「パッ」と声を出します。

激しく鋭い音を出します。

q

大体「c」と同じ音です。

r

こちらも日本人が発音できない音で代表的なものですね。

舌を巻いて、(巻き舌でなく)くるっと巻いてどこにもくっつけないまま、音を出します。

s

上あごと下あごの間に、うすーい空気の通り道をつくり、その隙間から

「スーッ」と声を出します。

t

日本語の「たちつてと」に使われるローマ字の「t」よりも、若干破裂が強い感じの音です。

v

前歯と下唇をつけて置き、お腹から声を出します。

バイブレーションのように振動させます。

w

こちらも日本人が躓きやすい発音ですね。

「わをん」に使われている日本語の「w」の発音よりも、口をわざと尖らせ、もっと多くの空気を吐き出しながら「ウォッ」と吐き出す感じです。

x

エックスの「クス」部分の発音です。

どの母音も入っていないので、単純に2つの子音の組み合わせによって音を出します。

y

「イー」という発音で単語の末尾に用いられることが多いです。

くちは横にしっかりと開いた形で発音しましょう。

z

こちらも、上あご部分と舌をくっつけ、空気の通り道をつくった上で振動によって音を出します。

強弱ー強調したいところは強い

英語の強弱に関してですが、英語の文章ではその文章の中で重要な情報を強く発音をする特徴があります。

例えば、

(私が「止まれ!」といったとき、みんな私を見た。)

(この場所は観光には良いけど住むのはキツイね。)

という文章があります。

この時、伝えられる情報の中で大事な部分はそれぞれ、

例1)

  • "stop!"「止まれ」 …文章の主要部分である「セリフ」なので。
  • looked「見た」 …みんなが「何をした」からこの文章が成立するのかを考えると、この1語は大事な部分といえる。

例2)

  • good …結果を伝える主要な語であるから、大事な単語といえる。
  • sightseeing …「何に良いのか」分からなければ文章が成り立たない。
  • not …否定の語。この部分を聞き逃してしまうと、肯定文になってしまうので強調すべき単語。
  • living …観光と同様、「何に良くないのか」分からなければ文章が成り立たない。

であるから、強調する部分は自然と分かりますね。

例1)When I said "stop!", everyone looked at me.

例2)This place is good for sightseeing, but not for living.

太線部分の英語をより強く発音すると、英語として自然な発音になります。

英語は音が繋がる

英語の発音を向上する上で、知っておくべきことが、「英語は音が連鎖する」ということです。

つまり、どういうことかというと、単語どうしが隣り合うとき、英語は音がつながっていく特徴があります。

こちらの例の読み方は、日本語で表示するとこのような表記が近いでしょう。

特に子音と母音が重なる時は、「future as→フューチャー アズではなくフューチャーズ」「First of all→フゥースト オブ オールではなくフゥースタボゥ」といった具合に、音がつながっていくので注意が必要です。

こういった特徴を踏まえて、自分で発音をする時も、「あえて音どうしを繋げて発音」することで、ネイティブスピーカーに近い話し方になります。

(私が彼をアサコに紹介した時、アサコは彼があんたの弟だと思ったみたいだよ。)

まず「When I」のところですが、「ウェナイ」という風に発音が繋がっているのが分かりますね。

「introduced him」のところも「イントロデュースト ヒム」と区切れているわけでなく、語尾が繋がって「intro-デューストィム」となっています。

「he was your」の部分も耳を澄ませて良く聞くと、「ウォジュァー」と繋がっているような感じです。

このように一つ一つが繋がって、英語らしい流れるような音声になっているのです。

ぜひ、このように流れるようなネイティブらしい英語発音を身に着けるために、練習してみましょう。

ブロック練習

このように自然な「流れる」英語発音を身につけるにはどのように練習すればいいのでしょうか?

1、練習したい文章を決める

ここでは上に挙げた例文をとって説明していきましょう。

2、区切る

この文章を、自分が分かりやすいように、細かく区切っていきます。

ここでは、単語と単語がくっついているところどうしを残しながら区切っています。

3、ブロックごとに練習をする

くっついているところも意識して発音してみましょう。

4、節ごとにまとめて発音してみる

こんどは、ある程度まとまった部分を一気に発音してみます。

上の練習でくっついて発音されていたところはなるべくそのままできるように努力しましょう。

他の単語と単語も区切らず流れるように発音できるように繰り返し練習します。

5、まとめて発音

最初と比べると、発音が上手くなったでしょう!

このように練習を繰り返せば、その自然な流れが体に染み込んでいきます

腹式呼吸

先ほどアルファベットごとの発音で練習した時に、「お腹から声を出す」ことを何度も強調しました。

そう、英語は日本語と違い、お腹から大きくハッキリ声を出すのが一般的です。

子音など小さい発音が多い英語は、しっかりハッキリ声を出さないと、聞き取る側が苦労するからです。

ですので、英語を読むときは、自分が「必要」と感じる声のボリュームより、大きな声で発声するクセをつけましょう!

単語の繰り返し読み

忙しい人であれば、「さあ、発音の練習!」といって発音だけを練習する時間はなかなか取れない方が多いですよね。

そんな時は、単語を学ぶ時、発音の練習も一緒にできるように工夫しましょう

通常単語を勉強するときは、CDなどで読み上げたものを聞きながら、その単語の音を覚えるのが一般的かと思います。

その時に、一緒に声を出して繰り返し読むクセをつけると、発音の練習になり、一石二鳥です。

シャドーイング

シャドーイングは、英語の音声をイヤホンなどで聞きながら、「今」聞いた英語を追って発声する英語の練習方法です。

シャドーイングについてはこちら↓

これは、すごく頭を使う、高度な練習方法ですが英会話リスニング発音改善など多くの実践面での効果を期待できます。

発音改善の面でも非常に高い効果を生むこの方法。英語上級者はぜひ習慣としてやってほしい練習方法です。

まとめ

いかがでしょうか?

今回は本当に授業のような記事で、皆さんも読んで練習して疲れたでしょう。

ぜひ、ここで紹介した様々な練習方法を習慣化して、綺麗な発音を身に着けていただきたいと思います。

ご購読ありがとうございました!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.