英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

Happyとgladの違いとは!?嬉しいを表現する時の使い分け

更新日:

-英単語, 違い・使い分け

こんにちは!ノックです。

すっかり寒くなりましたがみなさんお元気ですか?

『そういえば「happy」と「glad」ってどっちも嬉しいって覚えてたけど違いは何?』
と疑問に思った方も多いのではないでしょうか。

今回はこの2つの違いについて書いていきたいと思います!

それぞれの意味

ではまず「happy」と「glad」、それぞれの意味についてみていきましょう!

「happy」

<形容詞>

  • <人が>嬉しい
  • <人・行為などが>幸福な、幸せそうな、楽しい
  • <出来事などが>幸運な、めでたい
  • <…に/…して>満足して
  • <挨拶の中で>…おめでとう
  • <行動・考え方などが>適切な、うまい、巧みな
  • ほろ酔いの
  • 夢中になった
  • ぼうっとした、とりつかれた

「glad」

<形容詞>

  • <人が>嬉しく思う
  • <人が>喜んで〜する
  • <表情・声などが>嬉しそうな
  • <通知・機会などが>喜ばしい、楽しい
  • <光線・朝などが>明るい、晴れやかな
  • 陽気な、(性格の)明るい
  • 酒に酔って

こうみてみると全く同じではありませんね。

「happy」と「glad」の使い分け

「意味は理解したけどやっぱりまだ使い分けの仕方がわからない…」
という方必見です。

「happy」と「glad」の「嬉しい」という使い方は状況によって変わります

では違いを見ていきましょう!

自分が誰のことを嬉しく思うか。

一般的に

「happy」は自分自身に起こった嬉しいことを表す時

に使われることが多く、

「glad」は他人に訪れた幸運を祝う時

に使うことが多いイメージです。

Happyの例文

(自分が合格したことを嬉しく思っている。)

(自分が好きな人に誘われたことを嬉しく思っている。)

豆知識

「crush」はスラングで「好きな人、意中の相手」として使われます。
(注意!)学校のテストなどちゃんとした英語を使う時にスラングは使わないようにしましょう。

Gladの例文

(相手が素敵な時間を過ごしたことが自分が嬉しい。)

(相手が健康にしていることが自分は嬉しい。)

他人に訪れた幸運でも、自分に近い相手なら「happy」が使える

「happy」という言葉は強いため自分に関係しない他人に訪れた幸運を祝う時でも、相手が家族や親友など自分に近い関係の人なら「happy」を使うことができます。

(親友が回復していて嬉しい。)

(父が昇格したことが嬉しい。)

「happy」より「glad」を優先するとき

状況が直に自分に影響する場合は「happy」ではなく「glad」を使います。

(天気が晴れた状況について嬉しい。)

(相手が自分とパーティーに来れるという状況が嬉しい。)

「glad」は人を表すためには使わない

「幸せな男性」は「happy man」と表せますが「glad man」とは使うことができません。

「happy」は「glad」よりも強い意味を持つ。

どちらにも「嬉しい」という意味はありますが「happy」という方が「glad」を使うより、より嬉しく思っていると感じることができます。

確認テスト

では、おさらいとして確認問題を解いていきましょう!

「happy」と「glad」のうちから、より状況にあった適切なものを選びましょう。

1)I am a ( ) man.
僕は幸せな男だ。

2)I am()that it is not going to rain on our picnic day.
私は、私たちの遠足の日に雨が降らなさそうなので嬉しいです。

3)I didn’t miss the last train. I am very ( )!
僕は終電を逃しませんでした。すごく嬉しいです!

4)I am very ( ) that my best friend got selected as the student council president. I’ve seen him working very hard to get that position.
僕の親友が生徒会長に選ばれて僕はとても嬉しいよ。僕は彼がこのポジションを得るためにとても必死に頑張っていたのを見てきたからね。

5)My little brother is getting married to his girlfriend. She is beautiful inside and out. I am very()for them.
私の弟が彼の彼女と結婚します。彼女は中身も外見も美しいです。彼らの幸せをとても嬉しく思います。

みなさんどうでしたか?

解くことはできましたでしょうか!

では、答え合わせをしていきましょう!

1) 答え:happy
人を表す場合は「glad」ではなく「happy」でしたね。

2) 答え:glad
「自分たちの遠足の日に雨が降らない」という「自分に直に影響する状況」について嬉しく思っているので「glad」となります。

3) 答え:happy
終電を逃さなかった、というのは自分自身に起きた嬉しいことですね。
なので「happy」を使います。

4) 答え:happy
他人に訪れた嬉しいことなので「glad」と答えてしまいそうですが、相手が親友と自分に近い関係の人なので「happy」を使います。

5) 答え:happy
こちらも、弟のことなので自分に近い関係の人のことを祝うことから「happy」となります。
「I am happy for you.」で「(その人に向かって)おめでとう!」や「よかったね。」という意味になるのでぜひ使ってみましょう!
さらに「inside and out」で「性格などの中身も外見もどちらも」という意味になります。
こちらもぜひ使ってみましょう!
しかし、「inside out」とandを入れないと「裏表反対」という意味になってしまうので要注意です!

まとめ

みなさんいかがだったでしょうか!

今回は嬉しいという意味を持つ「happy」と「glad」の違いについて説明していきました。

これからも一緒に英語の勉強を頑張っていきましょう!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.