英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

【ちょい足しで理解!】have+過去分詞の使い方を解説

更新日:

-文法, 違い・使い分け

haveと過去分詞の使い方

ノックです。
上の画像は室井官僚と完了を掛けました(笑)

have+過去分詞の意味がイマイチわからない方って多いですよね。
確かに難しいです。。

ということで今回は、
 haveと過去分詞の使い方について書いていきたいと思います。

過去分詞とは?

過去分詞ってなんでしょうか?
簡単に言うと、動詞にedが付いたものです。

  • watched
  • created
  • modified

・・・などたくさんあります。

この過去分詞は単体でも使えますがbe動詞やhaveを使うことで色んな使い方が出来ちゃうんです!

ちなみにbe動詞 + 過去分詞については
こちらが参考になります。

have+過去分詞のイメージ

では本題。
have+過去分詞はどんなイメージなのか?

これは一言で言うと、

となります。

ちょっと想像してみて下さい。

仕事が終わって家に帰ってゆっくりソファでくつろぐ光景を。

仕事をし終えたところ

「ふぅ、今日もひと仕事を終えたな。

そう。
こんな時に完了形のhave+過去分詞を使うのです!

ということで早速使ってみましょう。

ね?
haveとfinishedがあるでしょ?
こんな感じです。

have+過去分詞にちょい足しして区別

お気づきの方もいるでしょうが、上の文では文の最後にtodayが付いています。

それはなぜか?

そう。
have+過去分詞だけだと文の区別ができないからです。

完了形といっても色々あります。

  • 継続 〜し続けている
  • 経験 〜したことがある
  • 完了 〜し終えた

といった具合に意味が微妙に異なるんですね。

ちなみに前項で紹介した例文は「〜し終えた」という完了ですよね。

have+過去分詞に対して、形容詞や副詞をちょい足しして意味を区別してあげるのです。

完了形を作るコツ

これもイメージが大事です。

単語を聞いただけでパッと頭の中でイメージ出来るように暗記してしまいましょう。

beenという単語があります。これはbeの過去分詞です。be=状態を表すことにも注目。

これは大体経験を意味します。

なのでhave + beenが出てきたら「〜に居たことがある」と意識します。

be=いる、あるという意味ですから、
「居る」を完了する→「居たことがある」=「(そこに)行ったことがある」と意味を汲み取って下さい。

例文で確認していこう

では例文で見ていきましょう。

この例文では形容詞や副詞がなにもないプレーンな例文です。
これは「経験」ですね。

ではこれはどうでしょう?

「継続」ですね。
since last yearで去年からと意味をちょい足ししています。

まとめ

いかがでしたか?

have+過去分詞のイメージは理解出来ましたでしょうか?

言葉のニュアンスが変わればイメージまで大きく変わります。
しっかり区別して使っていきたいものですね。

ではまた!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.