英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

【英文法】「have to」と「need to」の違いを初心者にもわかりやすく解説

更新日:

-文法, 違い・使い分け

have toとneed toの違い

 

ノックです。

have toとneed toってどちらも同じような使い方ですよね。

意味は、

  • 「〜しなければならない」
  • 「〜する必要がある」

となります。

しかし、両者は少し意味合いが異なります。

一体それはなぜなのしょうか?それをこれからじっくり見ていきます!

have toの使い方

have toは自分が原因ではなく外的要因により「〜せざるを得ない状況」にさせられている。このような時に使います。

例えば、

人や環境がこういう状況を作っている。そんな状況に置かれている私。

そんな時にhave toを使います。

need toの使い方

こっちは例文からいってみましょう。

ちなみにhave toは「外的要因(環境、人)が作用して置かれた状況の時に使う」でしたよね?

対するneed toは、「自分が客観的に見て『こうした方がよいな』と思った時に使う」が正解です。

つまり、need toは内的要因ってことです。

少しわかってきましたか?

例文で確認していこう

私は寝ざるを得ない。

これはhave toでしょうか?はたまたneed toでしょうか?

はい。
have toですね。

英文は、

となります。

 

私は残業する必要がある。

これはhave to か need toのどちらでしょうか?

答えは、
need toですね。

自分が「こうした方がいいな」と思う内的要因によってneed toを使います。

「上司はなにも言ってないけど、これは残業しとかないと次の日持ち越しかぁ。相当キツイな。」という状況で使います。

難しかったでしよ?
普段から意識しないとわからないもんですね^^

まとめ

いかがでしたか?
最後にもう一度まとめます。

  • have to = せざるを得ない状況の時に使う
  • need to = 自分が客観的に見た時に、「こうした方が良いな」と自発的に思った時に使う。

例文を何度もやってみて、一回この雰囲気を掴んでしまえばあとは楽勝です(^ ^)/
しっかり覚えましょう!

参考になった 1 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.