英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

難解で覚えづらい英単語は「あること」をするだけで長期記憶になる!

更新日:

-英会話, 覚え方・意識

英単語の覚え方2

ノックです。

今回は、昨日の記事に続きまして英単語の覚え方を紹介します。

難解な英単語ほど覚えにくい

昨日紹介した 英単語はイメージで覚えるというやり方でもどうしても覚えきれない英単語ってありますよね?

例えば、

とか、

などなどたくさんあります。

この難しい英単語どうやって覚えるかが問題です。

英単語を区切ってしまう!

こんな長い英単語達は・・・

切ってしまえ!

そう。
単語をザクザクとスラッシュで区切って覚えます。

先日書いた記事、

これ、そっくりそのまま英単語でも使えるんです!

さっきの例文だと、

みたいな感じで切っちゃいます。

切る時の大事なポイントは「アクセント」

英単語を切る時のポイント

でも、
ただ無理やり切ってはいけませんよ!

切る時に気をつけてほしいことがあります。

それは、
アクセントです!

スマホアプリで しっかりネイティブのアクセントの変わる箇所を意識して英単語を聞いて下さい。

そして、このアクセントが変わるところで区切ることが英単語を覚えやすくするコツです。

つまり、アクセントの変わり目をスラッシュで区切るのです。

アクセントを意識しながら切っていくと、

となるわけです。

このように、
英単語を聞く→アクセントの変わる位置を聞く→英単語をスラッシュで切っていく

とするとかなり覚えやすくなります。

長ったらしかったりゴチャっとした英単語は区切って覚えた方が絶対良いし理解も早いです。

まとめ

いかがでしょうか?

自分の場合、まったく出会ったことがない英単語を勉強してる時に、「何かこの部分見たことあるな〜」と思いこの方法を発見しました、

enableは知ってるけど、availableは初見。
でも「〜able」はenableと同じ。しかも「〜可能」と意味まで似てる。

こうして 共通点を見つけた方が英単語はグッと覚えやすくなります。

みなさんも是非活用して下さいね!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.