英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

【簡単に解説】混乱しがちなlendとrent、borrowの違いと使い方

投稿日:

-英単語, 違い・使い分け

ノックです。

英語で「貸す」を表す代表的な単語といえばlendとrentがあります。

響きからして似ているこの二つ、とっさの時に考え込んでしまいそうですが、ちょっとした違いを覚えていれば、迷うことなくスラスラと使いこなせるようになります。

貸し借りがスムーズになる英単語の使い方を学んでいきましょう!

lendとrentとborrowの使い方

まずはlendとrentとborrowの使い方を確認してみましょう。

lend:無料で貸す

貸すを表す単語で最も一般的なのがlendです。lendは、無料で物を貸すという時に用いられる動詞です。

lendは不規則動詞なので、過去形・過去分詞形は「lend>lent >lent」と変化します。rentと混同してしまうので「L」の発音をいつも以上に意識して使いましょう。

発音に関しての記事はこちらが参考になります。

お金自体を貸す場合にもlendを使うことができます。

物やお金以外にも、ちょっと手伝ってほしい時にこんな表現もできます。

このように、で物やお金を貸す際にはlendが用いられます。ただし、銀行等がお金を貸すという場面では金利が発生することがあります。

rent:有料で貸す

rentは有料で貸すという時に用いられます。主に家や車、DVDなどを貸す場面で使われることが多いです。

ちなみに、rentは規則動詞なので、過去形・過去分詞形はedをつけて「rent>rented>rented」となります。

borrow:無料で借りる

borrowは無料で物を借りるという時に用いられる動詞です。友達からノートを借りる、図書館で本を借りる場面で使われます。

またお金自体を借りる際にもborrowを使うことができます。

borrowとrentの違い

「借りる」を表す単語にはborrowとrentがあります。

実は、反対の借りるという意味でも同じrentを使うことができるんです。

そしてこの二つの単語の違いはなにか。勘の鋭い方はもうお分かりかもしれませんね。

そう、「料金の発生の有無」なんです。

無料の場合はborrowを使います。

こじつけで覚えるなら、
「borrow=泥棒は無料で物を盗んでいく」とするとイメージ的に覚えやすいです。

有料の場合はrentを使います。

日本でもレンタルDVDと呼ばれているので覚えやすいですね。

borrowとlendの使い分け

貸し借りの場面で最も間違えやすいのがborrowとlendの使い分けです。

例えば、急な雨で傘を借りたい時のこんな場面。1番と2番のどちらが正しい文章だと思いますか?

  1. Can I borrow your umbrella?
  2. Can I lend your umbrella?

主語が私で傘を借りる側なので1番が正しい文章です。

主語が「借りる側」の場合はborrow、「貸す側」の場合にはlendを使います。

なにか物を借りたい時には、次のように言い回しを変えることでborrowとlend、どちらを使っても表現することができます。

ちょっと借りたいだけの時はuseが便利!

友達の家に行ってトイレを借りたい時、こんな言い方をしていませんか?

実はこれ、ネイティブには少しおかしなニュアンスに聞こえてしまいます。

その理由はborrowの本来の意味を調べてみるとよくわかります。borrowを英英辞書で調べると、次のように説明されています。

borrow:to take and use something that belongs to somebody else, and return it to them at a later time
(誰かの物を持っていって使い、あとで返却すること。)

borrowには一度持ち主の手元からある物を持っていき、使用した後で返却するという意味合いがあります。

そのため、トイレを借りるのにborrowを使うと、「トイレをどこかに持っていって使う」という不思議なニュアンスになってしまうんです。

こんな時に便利な動詞がuseです。先ほどの場面でトイレを借りる際には、

と聞くことでナチュラルな表現になります。

その場で一瞬だけ借りてすぐに返すというような場合にはuseを使うと気軽に貸してもらえます。

まとめ

今日は「貸し借り」で使える英単語について学びました。

以上のことをまとめると、

  • lend:無料で物やお金を貸す
  • borrow:無料で物やお金を借りる
  • rent:有料で物(主に家や車、DVDなど)を貸す/借りる

「借りる側」が主語なら「borrow」
「貸す側」が主語なら「lend」
ちょっと借りたい時には「use」

日本語でもトラブルが生じる場合がある物やお金の貸し借り、英語でも誤解のないように伝えられるといいですね。

それではまた。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.