英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

英語の第5文型をちょっと突っ込んで説明してみる

更新日:

-リーディング, 文法

第5文型の説明

今日から世間はGW!
ノックは仕事です(笑)

さて前回の記事
英語の補語とは何か? | 英語は俺が倒す

で英語の基本5文型について解説しました。今回はちょっと突っ込んで第5文型だけ説明したいと思います。

では本題へ!

英語の第5文型とは?

まずはここを知っておかないと始まりません。ってことで復習。

SVOCです。

S = 主語
V = 述語動詞
O = 目的語
C = 補語

となります。

アバウトに英語の語順で言うと、
例) I saw cat sleeping

「私は」

「見た」

「猫が」

「寝ているのを」

となります。
この時ポイントなのは英語の語順のまま訳すってことですね。そうすれば何度も読み返さずに一発で訳せるので。

ちなみに基本5文型を楽しく覚えたい!って方はこの動画がおすすめです。
https://youtu.be/bLj9LfVxLo0
バイリンガールのチカさんが超可愛いので大好きです♪

OとCがイコール関係になる

Oは目的語。 Cは補語。
こいつらはめでたいことにイコールで結ばれます。

さっきの例文をもう一回出します。

この場合、 目的語catと補語sleepingがイコール関係です。

cat = sleeping
猫 = 寝ている

つまり、目的語を修飾するのが補語ってことですね。

動詞の向かう先は目的語

先ほどの例文をまたまた登場させましょう。

動詞sawは目的語catに向かっています。saw→cat

そしてcatとsleepingがイコール関係になると。cat = sleeping

修飾語も後ろに付けられる

では、さっきの例文を修飾しちゃいましょう。

on the bedを足してみました。

「猫が寝ている」という情報に対して、 心の中で「どこで?」とツッコミを入れて下さい(笑)

cat sleeping に対して修飾していることにも注目しといてね。

まとめ

いかがでしたか?

今まで当たり前に使っていましたが、実際こうやって構造で考えてみると文型の理解も早いと思います。

覚えたらどんどんアウトプットして身体に定着させていきましょう!

ではまた!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.