英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

TOEIC公式問題集3のリスニングパートを3周して分かったこと

更新日:

-TOEIC, リスニング

 TOEIC公式問題集を2周

ノックです。

4/8のTOEICテストからちゃんと勉強するように一念発起して毎朝2時間の勉強を最近もコツコツやってます。

何かを続けるのって本当に難しいですよね。どっかのネットの記事で、物事は3週間続ければ習慣化すると書いてあったのでまだまだ頑張ります!

TOEICの勉強を本格的に始めて10日経ちリスニングパートを3周しました。そこで気づいたことを書きたいと思います。

それではいってみましょう!

21点→89点に大幅アップ!

大幅アップ!

TOEICのリスニングパートは全部で100問あります。で、今回使っている TOEIC公式問題集も同じ100問です。

1回目 21点
2回目 55点
3回目 89点

と大幅にアップしました。

ただ、最初はほとんどわからなかったリスニングパートです。

1回目はほんとバッテンばかりだったんですけど、やり込むうちに段々わかってくるようになってきました。

勉強の仕方は以下の記事に載っているやり方でやってます。

ザックリ言うと、
日本文読んでイメージ→リピーティング、シャドーイング→問題文を解く

これをひたすらやっております。

パート3の会話なんて、聞いただけでもう頭の中で情景がイメージできてしまうほど聞き込みました(笑)

英単語はかなり大事

リスニングパートを聞いてて思ったのが、知ってる英単語が出てくると一気に頭にイメージが入ってくるということです。

こんなことってありませんか?
例えば、電車に乗っていて特に聞きたくもない他人同士の会話を聞いて思わずププッて笑ってしまったことが(笑)

英語もあんな感じです。

しっかりと英単語を覚えてさえいれば嫌でも頭にイメージが入ってきてしまうんです。

そのために英単語は大事なんだなと痛感しました。

意外と難しいパート2

パート2というのは、応答問題といって1つの質問または発言が放送され、A、B、Cの設問から最も相応しい回答を選ぶというものです。

これがなかなか難しい。
3周やってもです。

パート1やパート3、4は写真があったり文章が長いのでいくつかヒントがちりばめられていて答えを探しやすいです。しかしパート2に関してはほんと一言だけしか放送されないのでちょっと意識が逸れたりするだけでもうアウトという難関パートです。

なのでそんな時はわからなかった問題を何度も聞きまくって音のくっつきを真似る方法が良いと思います。

ちなみに前にも言いましたが、オーストラリア人の英文が超くっついて早口なんです!まあ外国ではこれが当たり前なんだろうなと割り切って覚えていますが。

とにかく聞き込むのが正解です。

英語に対して拒絶反応が少なくなってきた

自分は仕事でよくプログラムを書くんですが、調べたいことがあると大体英語のドキュメントなんですね。

以前はなるべく英語のサイトは避けて日本語サイトを見るようにしてたんですが、最近はそんなに英文を読むのが苦じゃなくなってきたような感じです。

なんだろう。
あまり理解は出来てないんですが、英語を覚えたいという欲求で読んでるイメージが常にあります。

でも自然と口から出てくるようにはならない

でもやっぱり英語は口から出てこない。

そこの境地に辿り着くにはまだまだ遥かな道のりなんだろうな。自分にはまだ遠いです。

ほんと聞き流すだけで話せるようになるとか謳ってるあのCMはなんなんでしょうね。あんなの絶対あり得ないですから。

最後に

TOEICテストを受けてから大分自分の中で英語の優先順位が上がりましたね。

そのおかげか問題集もコツコツと勉強することが出来て点数も上がってくるようになりました。

明日からリーディングパートの勉強を頑張ります!

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.