英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

ホントに「持つ」だけじゃない?英単語haveの使い方

更新日:

-英単語, 覚え方

haveの使い方

ノックです。

今回は、扱い方に悩む英単語NO.1「have」について解説したいと思います。

haveの使い方は「持っている」に通じる

みなさんは中学の時にどのくらい英語の勉強をしましたか?

「英語なんてそんなにしてないよ〜」という方が多いと思います。

そんな不勉強者でも知っている英単語が「have」ですね。

このhave以外にも、
「give, get, take, make」などがあります。

この5つは基本動詞といわれます。

ただ、この超有名な英単語たちに一つ言えることは、
「使い方が漠然としすぎている」ことです。

どう使ったらいいかわからないんです。

なのでとりあえず「have」だけでも使い方をマスターしたい!

そんな方たちにイメージしてもらいのが、
haveはいつでも「持っている」ということ。所有しているとも言い換えられますね。

恐らくネイティブも「あぁ、こうイメージして使っているんだろうな〜」と思って読み進めてもらえたら嬉しいです。

haveの使い方その1 持っている

これはhaveの王道である「持っている」ですね。見事にそのままです。

これも犬を所有しているので持っていることになりますね。

この場合も家族である娘を所有していることになりますね。

haveの使い方その2 身体に入れる

以下の英文も穿った見方で考えれば「持つ」になります。

パンやご飯を身体に流し込む=自分の所有物にする

つまり、持っている!

毎日の1杯の牛乳が自分の血となり肉になるのです。

haveの使い方その3 身体から出す

これも穿っちゃいますよ〜!!
ではいきます。

このhaveの意味は「出産」です。
彼女の母体から出したことで法律的に女の子が「所有物」になった=持っている

この場合、自分のアイデアという「所有物」がモリモリ出る寸前ですね。今にも誰かにアイデアを吐き出しそうでしょ?

お腹がものすごい痛くてトイレに入る直前をイメージして下さい。

haveの使い方その4 降り立つ

着いた場所は自分の物。オレの物はオレの物。ジャイアンをイメージですよ(笑)

まとめ

いかがでしたか?
かなりこじつけてしまいました。

でもなんとなくhaveの使い方がわかったのではないでしょうか?

こうして無理矢理でも自分の中でイメージを持っておくと、haveも身近に感じられてグッと使いやすくなりますよ。

やってみて下さい。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.