英語は俺が倒す

TOEIC800点を目指す方に向けての英語学習ブログ

動詞の語尾に-erが付くとどういう意味になるの?

更新日:

-作り方・覚え方, 文法

語尾にerが付く英単語の意味

ノックです。

英単語の語尾には「ある決まった法則があること」をご存知でしょうか?

今回は動詞の語尾に-erが付いたらどんな意味になるのかについて書いていきたいと思います。

ではいきましょう!

動詞の語尾に-erが付いたら「〜する人」という意味になる

もうタイトルそのままです(笑)
深く理解していきましょう。

例えばworkという動詞があります。
意味は働く、作業となります。ここまでは大体の方が知っています。

ではこのworkに-erを付けてみましょう。

となります。
work (働く)→ worker (働く人)になりました。

では続いていきましょう。

-erを語尾に加えると…

となります。

動詞に-erを付けることで名詞に変化しちゃいました。

つまり、どちらの英単語も
-erを付けることで名詞に動詞的な意味が追加されたということです。

TOEICの問題文で出てくる英単語

よくTOEICのリスニングパートの問題を解いてて書かれているのが、

listenは「聞く」という意味です。この例文にはlisteners=聞き手という英単語が含まれていますね。

もう一つ、

speakで「話す」という意味です。speakerですと「話し手」とか「話す人」っていう意味になりますね。

比較級の-erとの違いは?

中学の時に覚えた「比較級」と「最上級」

比較級にも語尾に-erが付きますよね?

じゃあさっきまで紹介した英単語たちとどう違うのでしょうか?

見分け方は簡単です。
-erが動詞か形容詞のどっちに付くのかで判断できます。

そもそも比較級や最上級というのは形容詞に対してのモノです。

例えば、young (若い)は形容詞ですよね。

比較級なら、younger
最上級なら、youngest

となります。

なので今回紹介した英単語とはまったくの別物と考えて下さい。

まとめると、

    • 動詞に-erが付く→ 〜する人
    • 形容詞に-erが付く→ 比較級

ということです。

まとめ

いかがでしたか?

今回は動詞に-erが付く英単語について解説していきました。

workersとかTOEICでもたまに問題として出てきます。この法則はしっかり理解しておかないと迷ってしまうと思います。

これからは動詞に-erが付いたら「〜する人」なんだなと意識して覚えちゃいましょう!

ではまた。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.