英語は俺が倒す

TOEIC990点満点者が教える英語の学習ブログ

【関係代名詞の使い分け】who,whose,whomの違いを解説!

投稿日:

-英単語, 違い・使い分け

こんにちは、ノックです。

本日のテーマは関係代名詞の中でも、ややこしく見える「who」「whose」「whom」の使い分けです。

この3つ、見た目も似ていますし、ややこしいですよね。

ですが、落ち着いて考えれば大丈夫です。

あせらず、ゆっくり身に付けましょう!

関係代名詞って何?

そもそも、関係代名詞とは何なのか答えられますか?

簡単に言えば、二つの文を一つにするための接着剤です。

今回のテーマである「who」「whose」「whom」のほかにも「what」「that」「when」などたくさんありますね。

疑問文で使われる言葉が、関係代名詞としても使われています。

二つの文を一つにする、というのは

  • 彼はトムです。
  • トムはこの絵をかきました。

の二つの文を

  • 彼がこの絵を描いたトムです。

とまとめることです。

「関係代名詞」という言葉自体に拒否反応を起こす人もいますが、難しく考えずに、楽に行きましょう。

関係代名詞の「who」

皆さんにとって、この3つの中で一番なじみのある関係代名詞が「who」ではないでしょうか。

whoを使うのはどんな時か、それは二つの文の主人公が同じ時です。

実際にやってみましょう。

この二つの文の主人公はTomです。

このように二つの文の主人公(主語)が同じであるときに「who」を使ってくっつけることができます。

実際にくっつけてみましょう。

二つ目の文のTomがwhoに置き換えられているのがわかります。

トム=絵を描いた人なので「who」を使います。

関係代名詞の「whose」

次に登場するのは「whose」です。

whoseは二つ目の文の主人公が、一つ目の文の主人公の持ち物であったときに使います。

こんな感じです。

この二つの文をくっつけるときに使うのがwhoseです。

実際にくっつけてみます。

使い方はwhoと同じで、置き換えるだけなのですが、若干ややこしく感じる方もいるのではないでしょうか。

どちらの文もTomで始まっていますから、「主人公はTomじゃないんかい!」というツッコミが聞こえてきそうですね。

この文で「トム=この絵」は成り立ちません。

すべてがイコールで繋げられるときでなければwhoを使ってはいけません。

イコールで繋げるならば「picture(絵)=his picture(彼の絵)」とするべきです。

ここでの彼とはトムなので、絵の持ち主はトムです。

二つ目の文の主人公が、一つ目の文の主人公の持ち物であるとき、whoseを使う」に当てはまります。

持ち物と書いてしまいましたが、モノだけではなく、人相手にも使います。

こんな感じです。

関係代名詞の「whom」

最後に登場するのは「whom」です。

これは二つ目の文が一つ目の文の目的になっているときに使います。

ですが、ここで一番ややこしいのは、たいていのwhomはwhoに置き換えることができるという点です。

「じゃあ、whomなんていらないじゃん!」なんて言わずに、もう少し付き合ってくださいね。

違う言葉である以上、whomでなくてはならないことがあるのです。

必ずwhomではならない場合、それは「前置詞とセットで使う」ときです!

この表現はとても固い言い回しなので、口頭ではほぼ使われません

この場合のwhomはwhoに置き換えることもできてしまいます。

「彼=私が話したかった人」なので、イコールで結べてしまいますからね。

ですが、こうなると置き換えは利きません。

なぜなら、whomの前に前置詞toがあるからです!

toのほかにも、fromwithなどが前にあるとwhomを使わなくてはなりません

練習問題にチャレンジ!

それでは、いくつか練習問題を出してみますので、who、whose、whomの中から正しいものを当てはめてくださいね。

I met a friend (          ) got a married.
 私は結婚した友達に会いました。

I know a girl (          ) mother is a pianist.
 私はお母さんがピアニストの女の子を知っている。

He has a brother (           )  wife is 10 years younger.
 彼は10歳年下の妻がいる兄をもっている。

He is Bob (          ) is a teacher.
 彼は教師のボブだ。

She is a person from (          ) I learned to cook.
 彼女は私が料理を習った人だ。 

 

解けましたか?

解らないときはどんな文をくっつけているのかを、落ち着いて考えてください。

それでは、答え合わせです。

さあ!答え合わせだ!

答え合わせ

①who または whom

いきなりややこしい問題でした。すみません。

会った友達=結婚した友達なのでwhoで正解です。

「結婚した」という目的に重点を置くwhomで正解です。

②whose

女の子=ピアニストのお母さんではありませんね。

女の子が持っているのがピアニストのお母さんです。

持っているときwhoseでした。

③whose

こちらも、お兄さん=10歳年下の奥さんではありません。

10歳年下の奥さんがいるのはお兄さんなのでwhoseです。

④who

Bob = teacherですからwhoです。

⑤whom

かっこの前に前置詞のfromがありますね。

前置詞の後ろに来るのはwhomでした。

まとめ

いかがでしたか?

少しでも違いがつかめたでしょうか。

whoを使うとき→文の前後がイコールでつながるとき

whoseを使うとき→文の前後が持ち主と持ちものの関係のとき

whomの特徴→whoで代用できる時がある

      →前置詞があったらwhom

以上を頭において勉強してみてください。

何回も繰り返して文を読んだり書いたりすることで、少しずつ身に付いてきます。

根気よく勉強してください。

参考になった 参考になった
読み込み中...

Copyright© 英語は俺が倒す , 2019 All Rights Reserved.